むくみの悩みを簡単に解消|生活習慣の見直しで解決

女の人

気持ちを楽に過ごしたい

薬膳

不快症状を和らげるには

更年期障害は生理が終わる前後数年の間に起こる不快な症状で、自律神経失調症の一つと考えられています。イライラが止まらない、急に顔がほてる、冷え性などといった症状が見られます。更年期を難なく過ぎてしまう方もいますが、大半の方は不快症状を感じています。更年期障害の対策として注目されているのが漢方療法です。漢方の中には様々な生薬が入っておりいくつかの症状を改善することができます。西洋薬と違い即効性はないですが、副作用も少なく飲み続けることで体の内側から体質を改善し体調を良くしていきます。また、漢方薬は一つの症状だけでなく複数の症状に対して効果を発揮する特徴があるため、調子が悪い原因が具体的にわからない場合にも使用することができます。

効き目があるものとは

漢方には体格や体調に合わせて、虚証、中間証、実証の3つのタイプに分けられます。虚証は冷え性でむくみやすく体力があまりない方向け、実証は体力がありのぼせやほてりがある方向け、中間証は虚証と実証の中間でイライラが強い人向けとなっています。具体的な漢方薬としては虚証タイプの場合は当帰芍薬散、中間証は加味逍遥散、実証は桂枝茯苓丸があります。この3つの漢方には共通して茯苓と芍薬が含まれており、特に芍薬には女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促す働きがあります。更年期障害は女性ホルモンの影響を受けて起こることが多いため、芍薬が含まれたものを服用すると効果があがります。漢方薬を飲む際は自分のタイプを見つけることが大切です。どのタイプかわからない場合は漢方に詳しい医師に相談すると良いでしょう。